国内トップクラスの外国人採用/外国人転職・就職サポート実績(91カ国の人材登録)

▼ メニュー

求人ログイン(会員専用)

新規会員登録

規定応募履歴書のダウンロード

職務経歴書の書き方

母国などにおいて会社勤務経験がある人の場合は、職務経歴書を添付したほうが有利です。一部の企業では新卒学生以外は採用しないという場合もありますが、多くの企業では、会社勤務経験、つまりビジネス経験を評価しています。以下に職務経歴書作成のポイントを記しましたので、これらを参考にしながら作成してみてください。

■職務経歴書のサンプル(販売職の場合)

職務経歴書見本

①会社概要
勤務していた会社の概要を書きます。母国では有名な会社であっても、日本企業の人事担当者が知っているとは限りませんので、必ず記載しましょう。項目としては、設立年度、資本金、従業員数、事業内容などがあります。また、日本企業と貿易を行っている会社の場合は、そのことも書いておくと良いでしょう。

②職務内容
自分が携わったことのある全ての仕事内容を書きます。どんな些細な仕事でもかまいませんので、できるだけ具体的に書くことが大切です。企業にもよりますが、仕事内容は多ければ多いほど高く評価されます。携わった仕事が多い場合は箇条書きにすると分かりやすいです。

③実績・表彰など
営業の仕事など実績が具体的に表れる場合は、その実績を書きます。この場合、「いつ」「何を」「どのくらい」販売した実績なのか具体的に書きます。また、在職中に賞を受賞した場合は、必ず書きましょう。優秀社員賞や社長賞などの社内賞はもちろん、社外機関からの表彰などを書くことができます。

④PCスキル
ビジネスでよく使用されるソフトをどれくらい使いこなせるのかを書きます。ビジネスソフトには、Microsoft Office Word・Excel・PowerPoint・Accessなどがあります。また以下のようなスキルも書くことができます。バイリンガルのホームページ作成ができる(Homepage BuilderやDream Weaverが使える)Java、C++などの言語を習得しているネットワークについての詳しい知識を持っている

⑤言語スキル
留学生の場合、2ヶ国語以上を流暢に話せる言語スキルを持っています。これはほとんどの日本人にはない優れたスキルです。この欄には、各言語のレベルと学習暦を書きます。またジェトロビジネス日本語能力試験などの試験を受けている場合にはそのスコアも書いておきましょう。