国内トップクラスの外国人採用/外国人転職・就職サポート実績(91カ国の人材登録)

▼ メニュー

求人ログイン(会員専用)

新規会員登録

規定応募履歴書のダウンロード

外国人採用業界研究

このコーナーでは、多くの外国人が携わっている仕事について記載してあります。仕事内容、求められる能力、適性などについて具体的に紹介します。業界研究や就職活動に役立ててください。
                                          外国人求人・外国人採用情報はこちら

商社・メーカー

商社やメーカーでは、一般的に外国人社員は以下のような仕事に携わります。
①通訳・翻訳
通訳の仕事は専門化が進んでおり、自分の得意な専門分野を持つことが強みとなります。また、日本語と母国語以外に、もう1ヶ国語ができると仕事の幅が広がります。
資格がなくてもできますが、日本で通訳者として仕事をする場合、通訳ガイド試験(国家試験)に合格していると有利です。また、語学力だけでなく、社交性、明朗快活さ、礼儀正しさ、気配りなどの適性が求められます。特に日本企業で通訳者として働く場合には、ビジネスマナーと日本の商習慣を理解していることが必須です。
翻訳には出版翻訳や映画翻訳などもありますが、ここではビジネスに関する翻訳について取り上げます。海外の企業とやり取りされるビジネス文書は、商品案内やマニュアル、契約書、調査報告書、決算書など、様々です。こうした文書を翻訳する場合、何よりも正確さが必要です。そして分かりやすく翻訳することも大切です。そのためには原文の内容を正確に理解していることは勿論ですが、ビジネス全般に関する基礎知識を持っていたほうが良いでしょう。また、ビジネス文書には特定の書式や表現方法がありますので、それらを理解した上で翻訳文書を作成していく必要があります。
翻訳の仕事は資格よりも経験や実績が重視されます。このため、翻訳者は、貿易、マーケティング、国際法務、財務管理などの特定の専門分野の専門知識を身に付けておくと有利です。

②貿易実務
海外企業との電話や電子メール、受発注などのやり取りが日常的に行われるため、語学力は必須です。外国人の場合、自分の母国との取引を担当する場合が多いですが、日常会話レベルの英語を話せると有利です。また、母国での人脈も重視されます。
求められる能力としては、商談やプレゼンテーションのコミュニケーション能力があります。これは、日本語と母国語の両方で求められます。また、近年電子メールによるやり取りが急増しており、ビジネスメールを迅速に作成し、処理できる能力も必要です。
持っていると有利な資格としては、通関士(国家資格)や貿易実務検定などがあります。

③海外営業・バイヤー
出張または駐在という形で海外に赴き、海外での商品の売り込みや買い付けを担当します。日本の本社から送られてきた受注連絡を元に商談を進めたり、海外市場の情報を収集して日本の本社に送ったりします。バイヤーの仕事では、海外の企業との信頼関係を構築するとともに、その国の政治経済の情勢や文化を理解していることが重要です。この点では、日本人に比べ外国人のほうが有利となります。しかし、それだけでは不十分であり、商談を成立させるためには、高度な交渉力や説得力が必要です。また、機動力や積極性、判断力、行動力などを大いに発揮できる仕事内容です。

④技術職
設計開発や研究開発の仕事です。主に理工系出身者が携わります。開発業務に加え、海外市場調査や海外営業のサポートなどを行います。

IT関連

 近年、外国人求人の中で一番増えているのがこの業界です。仕事を推進する上で何より専門知識や技術スキルが一番重要ですが、日本語によるコミュニケーション能力も欠かせません。また、その他の言語の需要も増えてきています。
 例えば、ブリッジSEという職種です。この仕事では、プログラマーやSEとして働くというよりは、2国間、あるいは3国間のSEの調整を行うという業務に携わります。このため、ITの技術スキルだけでなく、コミュニケーション能力やリーダーシップなども重要となります。

ホテル

 外国人が勤務するホテルは、国際観光ホテルつまり外国人客を迎えるのにふさわしい一定基準以上のホテル(四つ星以上)が多いです。日本を訪れる観光客やビジネスパーソンは年々増加しており、外国人の活躍の場も広がっています。また、積極的に海外進出を図っているホテルでは外国人採用にも積極的です。
 ホテルの勤務形態は、早番や遅番などと呼ばれ、2交代や3交代シフトが一般的です。また、休日も土日ではなく不定期となります。外国人の場合、お客様と直接接するフロントやベルボーイ(ベルガール)などの業務に携わります。
 外国人客がたくさん訪れる都市や観光地では、ほとんどの従業員が英語を必要とします。ネイティブ並みの英語力があれば充分ですが、接客に必要な英語ができれば充分というホテルもあります。語学力に加え、お客様に好感を持たれる接客マナーや清潔感を身に着けておくことも非常に大切なことです。

旅行

 旅行会社の中で外国人が携わる仕事は、大きく分けて、カウンター、予約・手配、添乗員、ツアー企画などです。特にカウンターやツアー企画は人気職種ですが、入社してすぐにこうした職種に就くことは稀です。一般的には、予約・手配のアシスタントから始めて経験を積んでいきます。
 予約・手配業務では、ホテルや交通機関などの予約や傷害保険など、海外旅行全般に関する知識を学びます。予約でミスをすると大変なことになりますので、責任感や注意力が必要な仕事です。また、カウンターや添乗員の仕事は、諸外国の文化・地理・経済などの幅広い知識を持つことに加え、お客様とのコミュニケーション能力が求められます。明朗快活で接客マナーができている人であれば有利でしょう。就職するためには、旅行管理者(国家資格)の資格があると有利です。

教育機関(日本語学校等)

 日本語学校をはじめ、留学生を受け入れている大学や専門学校などでは、外国人の職員を募集する場合があります。特に日本語学校では、日本語初級者と職員との通訳および生徒の相談役として外国人職員の果たす役割は大きいです。
  こうした学校では、外国人生徒の生活や進学、就職に関する様々な相談に対応しますので、カウンセリング能力が求められます。ただ、専門的な能力でなくても、上手な聞き役として、また先輩としてのアドバイスができれば良いでしょう。
 生徒の相談役だけでなく、入学の際の入学書類のチェックも重要な仕事です。生徒の母国の高校や大学と連絡をとり、書類の確認などを行います。また、留学斡旋会社とのやり取りも担当します。

特許・会計・法律事務所

 グローバル化に伴い、国際的に事業を展開する企業が増えてきました。このため、企業の知的財産権の保護や国際特許の取得を行う特許事務所が増えてきました。特許事務所では、外国人社員は主に特許明細書の翻訳業務に携わります。このため、日本語と母国語の文書作成能力に加え、技術的背景を必要とします。
 また、国際会計事務所では、外資系企業などの企業会計を担当します。外国人社員の場合、入社してから育てるという会計事務所は少ないので、高度な会計知識が必要となってきます。最低でも日商簿記検定の2級は必要でしょう。
 国際法律事務所では、企業間の国際法律紛争などを取り扱います。このため、日本と外国の法律知識が求められます。また、行政書士事務所では、外国人のビザ取得の手続きを行います。行政書士事務所の場合は高度な法律知識は不要ですが、求人数が少ないのが現状です。