国内トップクラスの外国人採用/外国人転職・就職サポート実績(91カ国の人材登録)

▼ メニュー

求人ログイン(会員専用)

新規会員登録

規定応募履歴書のダウンロード

VISA 情報

就職が決まれば留学ビザから就労ビザ(人文知識・国際業務/技術)への在留資格変更手続きが必要です。就労ビザ申請時期は、だいたい大学(専門学校)を卒業する2、3ヶ月前となります。就労ビザが許可されてから正式に働くことができます。申請に必要な書類は、以下のとおりです。

■ 内定者本人が用意する書類
① パスポート
② 外国人登録証明書
在留資格変更許可申請書(※内定者本人と採用企業両方で記入)
④ 履歴書(市販の履歴書用紙でよい)
⑤ 大学(専門学校)卒業証明書または卒業見込み証明書(卒業証明書をもらった時点で再提出)

■ 採用会社が用意するもの
① 雇用契約書(業務内容、雇用期間、地位、報酬が記載してあるもの/採用通知書に上記の内容があれば、その写しでも可)
② 会社の法人登記簿謄本と決算報告書(登記簿謄本は発行後3ヶ月以内のもの/決算報告書は最新の年度のもの
③ 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(受付印のあるものの写し)
④ 会社案内(パンフレット等)
⑤ 雇用理由書(書式は自由。採用するに至った経緯や雇用理由の説明書。提出必修書類ではないが、あった方がよい)
※上場企業(独立行政法人、公益法人を含む)は、②、③の書類は必要ありません。その代わりの四季報の写し又は日本の証券取引所に上場していることを証明する文書(写し)が必要です。


※ビザ手続き(変更・更新手続き)は基本的に、内定者本人が最寄の入管に出向いて申請を行います。ただし、入管から許可を得ている取次ぎ業者(行政書士等)による代理申請も可能です。

<入国管理局 インフォメーションセンター>
各種出入国管理手続に関する御相談を受け付ける窓口です。