国内トップクラスの外国人採用/外国人転職・就職サポート実績(91カ国の人材登録)

▼ メニュー

求人ログイン(会員専用)

新規会員登録

規定応募履歴書のダウンロード

外国人採用面接での評価項目

外国人採用面接ではここがポイント

企業が面接を行う目的は、応募者の能力、経験、性格が企業や採用職種、ポジションにあっているかどうかを見極めることです。一方、応募者本人にとっては、本人の希望にあう会社かどうかを確認する場でもあります。面接では常に好印象を与え、応募職や会社に対し、積極性を示すことが重要です。面接の形式は、集団面接(グループディスカッション)と個人面接がありますが、企業によって形式はまちまちです。面接の回数が増えるにつれ、内容も高度なものになっていきます。   
外国人の採用面接では、日本人と審査ポイントがかなり異なります。特に、日本語能力や定着性、国際業務への活用、日本の商習慣の熟知度などは、面接の合否に大きく影響します。次の内容をよく理解し、しっかり準備した上で面接に挑みましょう。

■面接での評価項目

評価項目 ポイント
日本語能力

・日本語でのコミュニケーションに問題はないか
・敬語を正しく使えているか

定着性 ・短い期間で退職する可能性はないか
国際業務への活用 ・海外との取引や国際業務に即戦力として活用できるか
日本の習慣・仕事について ・日本社会に対する理解が高いか
協調性 ・周囲の日本人社員とうまくやっていける協調性を備えているか
インターンシップやアルバイトの経験 ・日本企業で働く自信を持っているか
母国での勤務経験 ・社会人としての自覚や責任感を持っているか
・同業種なら職務知識がどれぐらいあるか
リーダーとしての素質 ・将来、海外現地法人の幹部候補としての資質があるか
人脈・ネットワーク ・母国で仕事に結びつく人脈・ネットワークを持っているか
熱意 ・入社したいという強い熱意が感じられるか
態度 ・礼儀作法をわきまえているか
積極性 ・自分の意思をしっかり持ち、自発的に物事に取り組む資質を持っているか